お客様の声
お客様の声

申請まで2ヶ月と待ったなしの状況から、ヒヤリングもクリアし、合格できました!

申請まで2ヶ月と待ったなしの状況から、ヒヤリングもクリアし、合格できました!

はなさく言語学校

  • 場所:埼玉県
  • 開校:平成29年4月
  • 規模:100名
  • URL:http://jls-tokyo.jp

申請までたったの2ヶ月。付き合いのある行政書士に断られ、ハピネスさんにたどり着きました。

ーどういう経緯でハピネス行政書士事務所を知ったのでしょうか。

3月申請をしたかったのですが、行政書士さんを探し始めたのがたったの2ヶ月前でした。付き合いのある行政書士に打診してみたところ、日本語学校は特殊なので難しいと言われ、ネットで探しだしました。結果的に、4件の行政書士さんの話を聞きました。

ーハピネス行政書士事務所に決めた理由は何ですか?

他の行政書士さんは、2ヶ月という厳しいスパンに躊躇されていました。たぶん短いスパンで申請したことがないんでしょうね。あと、合格させてくれるか少し不安も感じました。でも、ハピネスさんは「ああ、大丈夫ですよ」と軽く言っていただきました(笑)。

また、他所のホームページの実績を見て、3件と書いてあっても、合計で3件なのか、今年だけで3件なのか。あと何年の何月の申請なのか、とか書いていなかったんです。一方、ハピネスさんはきちんと開校年月や件数が書いてあったので、信憑性がありました。あればたいぶイメージに残っていました。

あとなんといっても、菅原さんと所長の印象がいちばんよかったです。

それでも、合格への不安はありました。

ー合格への不安はありましたか?

それはもちろんありました(笑)。ハピネスさんどうこうではなく、いろんな不安要素というのがあるじゃないですか。人もそうだし、申請してから、例えてわかりやすく言えば、その建物で申請出しました。でも、そもそもこの建物が壊れたらだめですよね。建物が崩れることはまずないですが、要するに申請に出したものと、内容が変わってしまうことに対して、どう判断されるのかは少し不安でした。

ー価格の面はいかがでしたか?

一応、気にはなりました。ただ、私的にはどっちにしてもそんなに高くない金額ですし、それだったら、自分に感覚で決めたほうを選びたかったです。多少はこっちは高い、こっちは安いというのは前提にはありますけど、そこが最終的な判断材料ではなかったです。

安いからといって、変なところにお願いしてもね。何十万以上と損してしまうわけで(笑)。

文科省のヒヤリング(面接)対策は、何度も練習してよかったです。

ーサービスを受けて良かった点はりますか?

いいとこしかないです。
ハピネスさんは、基本的には否定をしないです。電話で相談しても「それは無理ですよ」ではなく、「◯◯したらできますよ」「こうした方がいいんじゃないですか」という言い方が多いですね。

書類作成は全部ひな形があって、そのとおりに書けばよかったので、書きやすかったです。

はなさく言語学校

ーここが合格のポイントだったと感じるところはありますか?

後はヒアリング対策の時は、うちの代表と何度もやり取りしましたよね。ハピネスさんは否定はしないんだけれども、いろんな言い回しで返ってくるんですよ、やり直してくださいと(笑)。でも、あれは何度もやり直した方が結果としてよかったです。

そこがすごくポイント高くて、文科省の審査員の方に言われたんです、「代表の方の熱い思いが伝わってきました」と。考えれば、ハピネスさんのやり直しが効いたかもしれないですね。もし、この練習がなければ、代表もそこまでは追い詰められず、面接で薄い内容のことをしゃべっていたと思います(笑)。

ーむずかしい質問があったのですか?

インドネシアなどのイスラム圏の生徒がいた場合、「お祈りの時間と授業がかぶった場合に、そこはどうやって対応するんです?」という質問を受けました。私は経験上、知識があったので回答できましたが、経験や知識がなければ即答はまず無理な質問です。

臨機応変に答えるのは、やはりむずかしいです。ただでさえ緊張した場面なので、下手なことを言ってもだめなので。

はなさく言語学校

以前は、自分で申請書類をつくった経験があるので、ハピネスさんにお願いして本当にラクでした。

ー校長先生は過去に申請を経験されていると聞きましたが。

はい、当時は全部自分で作ったんですよ。1日の半分以上ぜんぶそっちに時間を割いてました。書類作成や調整、雇用の調整とかもありますし、オーナーとのすり合わせも。先生業務をしながらだったので、1日4コマ終えたあとにやっていました。

入管との調整も、書類の差し替えも、ぜんぶ行政書士の方がやっていただける。私の時はぜんぶ1人で対処して、入管への電話も自分で確認しながらだったので。もうほんとに、ハピネスさんにお願いして早くていいなぁと思いました。もう、ここまでやっていただけるのはすばらしいなと。

はなさく言語学校

ーもし当事務所をお勧めするなら、どういうふうにお勧めされますか?

日本語学校の申請は、ほとんどの方が経験ないと思うので、わからない部分というのは、すべてハピネスさんに聞きながらできます。頻繁に変わる決まりごともタイムリーに調べてくれるから、そういう意味では頼んだ方がいいんではないかと、説明しますね。
うちもハピネスさんに頼んで合格してるのもありますし、そもそも頼まないというのは考えられなかったかな、と。

お問い合わせ・ご相談

きめ細やかなサービスをお届けできる件数には限りがございます。
昨年は2校様をお断りせざるを得ませんでした。
本気で日本語学校の設立をお考えの方は、お早めにご相談下さい!

2019年度現在5校申請中
(残り受付可能枠2校)
powered by
ハピネス行政書士事務所
ハピネスコンサルティング株式会社
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西6-13-12 第一大高ビル5F
TEL 03-3686-2366 FAX 03-3686-2398
Follow us
© Happiness administrative scrivener office.
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談