日本語学校の設立申請で認可数・認可率日本一! むずかしい日本語学校の設立申請で、圧倒的な認可率を達成!日本語学校の設立申請で認可数・認可率日本一! むずかしい日本語学校の設立申請で、圧倒的な認可率を達成!
T0PICS2018.05.22
2018年度 日本語教育学会春季大会のご紹介
2019年度現在5校申請中
(残り受付可能枠2校)

ご開校おめでとうございます!

  • 東京さくら学院
    東京さくら学院 様
    千葉県
  • アクティブ日本語学院 様
    千葉県
  • 旭川日本語学校 様
    北海道
  • 東和国際学院 様
    東京都
  • 北九州日本文化学院 様
    福岡県
  • 東京東陽日本語学院 様
    東京都
ご存知でしたか?

認可(告示)を受けられないと、次回の申請までの半年間で、
2,000万3,000万、さらに5,600万円の不利益になることがあります。

日本語学校の申請は年に2回しかありません。
1度目で認可(告示)を受けられなかった場合の、半年間の不利益をお伝えしますと、、、

  • 半年間、約80名分の学費収入:5,600万円の不利益になる。
  • 入学予定者が別の留学先を探すのに苦労する。
  • 次回に告示を受けても、マイナスイメージが広がり入学希望者が減る。
  • 開校予定の物件が空きになり、維持費だけがかさむ。

このような不利益を目の当たりにして、
「ちゃんと行政書士を探せばよかった」「申請費用をケチって後悔している」
など、後悔されるお客様がおられます。
中には、2度3度と申請に落ちた学校さんもおられ、その不利益額は想像できません。

「一発で認可を獲得したい!」方へ

このような方に、お役に立てるかもしれません。

  • 今回の申請を逃して、半年待つのはどうしても避けたい。
  • 申請期限まで時間がなく焦っている。
  • 1度、2度と失敗して3度目の挑戦。もう失敗はできない。
  • 知り合いの行政書士にお願いしたら「特殊な申請なのでできない」と言われた。
  • いくつかの行政書士をあたったが、行政側の立場でしか考えてくれない。
  • 初めてのことなので、何をどうしていいのか分からない。

「パピネスさんに出会ってなかったら、
日本語学校の設立をあきらめていました」と絶賛!

日本語学校設立lab.が選ばれる9つの理由

  • 申請書類テンプレート

    申請書類のテンプレートがあるから、
    それに沿ってつくるだけ。
  • 書類作りのコツ

    実は書類の作り方にも
    コツがあるんです。
  • 申請まで時間がない?

    申請まで時間がない?
    他所で断られた急ぎの申請、
    弊所なら対応できます。
  • 「文科省の面接」対策

    合否を決める難関ポイント
    「文科省の面接」対策
    バッチリ!
  • 東京から全国対応

    東京から全国対応できます!
    北海道、大阪、福岡など
    申請実績多数。
  • 入管に聞いてすぐに回答をもらえない

    入管に聞いてすぐに回答を
    もらえないことも、
    弊所ならアドバイスできます。
士業はお堅い?
いえいえ、この満面の笑みを見てください!

お客様の声

  • コスモス外語学院 様

    物件もない!会社も設立していない!そんな状況で事前相談に行きました(笑)そしたら、所長がその場でお知り合いの不動産屋に連絡してくれました。ふつうならあり得ない対応に、すぐにハピネスさんに決めました

  • はなさく言語学校 様

    申請まで2ヶ月とまったなしの状況。他の行政書士さんに断れ、ハピネスさんに相談すると「ああ、大丈夫ですよ」と軽く言っていただきました(笑)。

  • 開成アカデミー日本語学校 様

    ハピネスさんは顧客に寄り添っているなと。アドバイスが的確にいただけて、ちゃんと引っ張っていただけるというところが、ポイントかなと思います。

ハピネス行政書士事務所からのメッセージ

日本語学校の設立申請は、民主党の事業仕分け以来、入国管理局に権限が移されたのがきっかけで、審査が厳しくなりました。日本語学校の必要性は今後ますます増えていくのに、複雑な手続きが要因で、申請のための正しい情報が入手しづらくなっています。

そのため、設立申請を請け負う行政書士が少なく、安心して依頼できるところも限られています。その中でも、ハピネス行政書士事務所は、5年連続で認可率100%、累計40校以上の開校を経験。日本でもトップクラスの実績を持っています。

ハピネス行政書士事務所では、日本語学校を設立したい方の熱い想いに応えていきます。開校という門出を陰ながらサポートさせていただき、ぜひ学校をスタートさせてください。

お問い合わせ・ご相談

きめ細やかなサービスをお届けできる件数には限りがございます。
昨年は2校様をお断りせざるを得ませんでした。
本気で日本語学校の設立をお考えの方は、お早めにご相談下さい!

2019年度現在5校申請中
(残り受付可能枠2校)
powered by
ハピネス行政書士事務所
ハピネスコンサルティング株式会社
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西6-13-12 第一大高ビル5F
TEL 03-3686-2366 FAX 03-3686-2398
Follow us
© Happiness administrative scrivener office.
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談