日本語学校設立"応援"ブログ
日本語学校設立"応援"ブログ

日本語学校の設立申請。難関のヒアリング対策は万全か?!

mm投稿者:ハピネス行政書士事務所

文科省のヒヤリング

昨年10月に申請の日本語学校設立の手続きが、今月から2月にかけて文部科学省(以下「文科省」と略称)のヒアリングが始まります。申請書類の内容が審査官からの質問を通じて試されるのです。このヒアリングで5割の申請校が不合格に なってしまいます。

申請書類が、入国管理局を通過して法務省で受理されたので、その後の文科省のヒアリングもスムーズに合格するだろうと、安易に考え、その対策を万全にしない結果が招いたことのツケは大きいです。

日本語学校設立のためには、校舎の改修や先生の確保等でかなりの資金を投資しますので、このヒアリングで失敗すると、再度のチャレンジは出来ますが、合格保証はありません。

その上、資金回収が遅れるだけでなく、先生の生活保障や生徒の確保に大きい支障が生じてしまいます。

ハピネス行政書士事務所では、このようなリスクを回避すべく、周到なデーター蓄積を行い、合格に向けて万全の準備をしております。  さらに、合格した後でも、2カ月ほどで留学ビザの準備をして、学校側は日本語学校の生徒のビザ発行の手続きを行い、生徒を呼び寄せる作業をする必要があります。

日本語学校の最後の仕上げの手続きについては、ハピネス行政書士事務所の「日本語学校担当」にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談

きめ細やかなサービスをお届けできる件数には限りがございます。
昨年は2校様をお断りせざるを得ませんでした。
本気で日本語学校の設立をお考えの方は、お早めにご相談下さい!

2019年度現在5校申請中
(残り受付可能枠2校)
powered by
ハピネス行政書士事務所
ハピネスコンサルティング株式会社
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西6-13-12 第一大高ビル5F
TEL 03-3686-2366 FAX 03-3686-2398
Follow us
© Happiness administrative scrivener office.
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談